忍者ブログ
「YUIクリエーション」のYUIは結。食空間コーディネートにより多くの人とつながり、つくり手と使い手を結ぶお手伝いをしています。
15 . December
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

24 . July
一日 尾張瀬戸を行ったり来たりの日でした。

夕方からセミナーへ

「日本酒よもや話~関谷酒造株式会社」

取締役 遠山久男氏
www.houraisen.co.jp/

『蓬莱泉』の製造会社です。






早速、利き酒です。



生酒、生原酒、可。、空

先ず、お口の中へ少しずつ含んで
口の中を慣らします。

次に少しずつ香りと味をきいてみます。

感じたことを用紙に書きこみます。



う~ん。
微妙な違いですが、個性がありますね。

私の主観です。
生酒・・・米の香りがフンワリ、ご飯で言うとお茶漬け。
生原酒・・・アルコール臭がある。シャープ。味噌カツに合うかな。
可。・・・麹の香り、辛い、男性的。日本酒らしい。
空・・・フルーティ、さっぱりまろやか、上品で単品で楽しめる。




精米歩合の話



米の磨きの話

「空」は40%の精米歩合なので
30表の米を40%まで磨くのに
なんと
80~90時間かかるそうです!

お米が割れないように大切に磨くには
時間がかかるんですね。




山廃仕込みの話

本当にお酒を大切に思っていることが伝わってきます。


緑のビンはおいしいお水です。




「和」

関谷酒造株式会社のお酒のほとんどは
醸造用アルコールを自社制作しています。
(今年の秋には全種類が自家製になるそうです)

醸造用アルコールを「焼酎」と明記してあります。

この焼酎というのは

米を磨いたときにでる、米の粉を原料にしています。
そして、残渣は田んぼに入れておいしいお米を作ります。
おいしいお米から美味しいお酒が出来ます。


完全に循環されています。


いなぶの「吟醸工房」は
手づくりの基礎基本を次の時代へつなげるために
作られたそうです。


素晴らしいです!

遠山氏のお人柄も伝わってきました。


アルコールを頂くと頭痛とお腹が緩くなる私・・・。
しかし、
いつもより、飲み過ぎましたが
全く頭痛もなく、翌日もスッキリです。

いいお酒はからだにもいいんですね~!



おいしい物は手間隙かかるし
いいものは手間隙かけないと出来ない。


本物の器と本物のお酒のコラボをしてみたくなりました。

やはり、つくり手は尊敬します。


YUIクリエーション.のYUIは「結」
つくり手と使い手を結ぶお手伝いをします。




「造る人」、「売る人」、「呑む人」が
幸せになるよう努めます。
(関谷酒造株式会社企業理念より)


更に、日本酒が好きになりました。

楽しく勉強になるセミナーをありがとうございました。




 

拍手[0回]

PR
NAME
TITLE
TEXT COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
斎藤 貴子
性別:
女性
職業:
食空間コーディネーター
趣味:
探しものを見つけること。
自己紹介:
好きなもの:人の手でつくられたもの。
昔から愛され続けられているもの。

例えば・・・ アンティーク、トーションレース、古い形の車。蔦、薔薇、白つめ草、籠、小さなもの、着物の柄。日本の色。
江戸時代のエコと心意気。
ティラミス、オムレツ、蕎麦、クラッシック音楽、アコースティックギター。
ピカソのデッサン。お笑い。

YUI代表
・食空間コーディネート
・食卓育セミナー
・V・M・D 視覚的販売促進 
・テーブルコーディネートディスプレイ
・産地応援
  など 
最新コメント
[01/09 ぴえろ]
[12/09 キャラバンサライ]
[10/15 キャラバンサライ]
[10/06 ぴえろ]
[09/26 キャラバンサライ]
[09/26 kawai]
[08/10 キャラバンサライ]
[07/17 ぴえろ]
[06/24 キャラバンサライ]
[05/31 ぴえろ]
[04/19 キャラバンサライ]
[03/27 sumIre]
[03/20 キャラバンサライ]
[03/11 masako]
[02/18 いくみ]
ブログ内検索
カウンター
Powered by NINJA BLOG  Designed by PLP
忍者ブログ / [PR]